機械部について

  • Home>
  • 機械部について

機械部・あらゆる現場での機械化に貢献できるように

林業機械化の一翼を担う働き
林業機械化の一翼を担う働き 林業機械化の一翼を担う働き

米国マッカラー社の日本総代理店として1952年(昭和27年)より、マッカラーチェンソーの輸入販売を開始し、わが国林業界にチェンソー導入の先鞭をつける一方、それらの経験を生かしてし1981年(昭和56年)にはプロ志向の高品質シングウチェンソーを自社開発し、林業機械化の一翼を担ってきました。また、1964年(昭和39年)には、日本で最初の小型・軽量刈払機、シングウベルカッターを製造販売しました。

林業機械の総合メーカー・商社として、川上から川下までの一貫した品ぞろえを目指し、造林伐採用のチェンソー、刈払機にはじまり、ハーベスター、グラップルなどの高性能林業機械各種、さらには薪割機、薪製造機などの各種加工機械まで幅広く輸入および製造販売しています。

1974年(昭和49年)にはグリーンビジネスにも参入。芝刈機の輸入販売を開始し、ヘッジトリマー、スイーパー、ブロアーなどの緑地管理機械を加え、造園・緑化市場に提供しています。その他、ヘイカッター、エアーソー、薪ストーブなどのユニークな製品も、農林業界に隣接する市場に向け提供しており、着実に販路を広げています。

一方、海外についても、市場開拓を着実に進めてきました。現在では、シングウブランドの刈払機、ヘッジトリマーなどを中心に、世界各国に向け輸出しており、それぞれの国で高い評価を得ています。

機械製品 ~モットーは「森を育み樹を活かす」~ 林業機械の開発、海外からの輸入販売とグリーンビジネスをトータルにサポート 機械製品の一覧を見る
<主要取扱商品>
■チェンソー
シングウチェンソー
■刈切機・剪枝機
シングウ刈払機
シングウヘッジトリマー
■園芸機械
キャブキャデット芝刈機(アメリカ製)、ベル薪割機(イタリア製)
などの輸入および製造販売
■木材機械
ポンセハーベスター(フィンランド製)
クラナブグラップル(スウェーデン製)などの輸入および製造販売
■薪ストーブ
アンデルセンストーブ
(デンマーク製・モルソー、ドイツ製・レダ、イギリス製・アラダ)
■その他
タイガーエアソー、ヘイカッター(イタリア製)
  • 木材部について
  • 山林部について