新宮商行のあゆみ

  • Home>
  • 新宮商行のあゆみ

沿革

1906年(明治39年) 8月 利光小三郎、植松新十郎、阪井弥三太、坂口茂次郎の4名、韓国仁川府八坂神社下灘埋立地に、匿名組合新宮商行を設立し、木材販売および土木建築請負業を経営
1907年(明治40年) 4月 韓国鉄道院より鉄道枕木30万本の注文を受け、小樽区色内町に出張所を置き、北海道産枕木の買付開始
1919年(大正8年) 3月 株式会社に組織変更。資本金150万円、本社を小樽区山の上町32番地に移転
11月 小樽区稲穂町東7丁目12番地に社屋新築。本社をこの地に移転(現在の本店社屋)
1934年(昭和9年) 4月 英国プライス&ピアス社との間に合板の直輸出契約成立
1935年(昭和10年) 11月 銭函合板工場竣工
1939年(昭和14年) 3月 和歌山県公門谷に山林435町歩購入、本州の山林経営に進出
1952年(昭和27年) 9月 米国マッカラー社製チェンソーの輸入販売開始。わが国林業界における機械化に先鞭をつける
1956年(昭和31年) 4月 ランバーコア合板の生産を開始し、米国へ初出荷
1964年(昭和39年) 12月 シングウベルカッター製造販売開始
1968年(昭和43年) 6月 留萌郡羽幌町築別社有林内「北限の杉」約4,000本が、北海道銘木美林選定委員会で美林の選定を受ける
1970年(昭和45年) 10月 内装用集成材の製造販売開始
1974年(昭和49年) 1月 資本金2億5,000万円に増資
1978年(昭和53年) 12月 階段用ラミネート材製造販売開始
1980年(昭和55年) 4月 木製窓製造販売開始
1981年(昭和56年) 10月 シングウチェンソー製造販売開始
1982年(昭和57年) 8月 アンデルセンストーブ(薪ストーブ)輸入販売開始
1987年(昭和62年) 1月 北米広葉樹製材・単板の本格的輸入販売開始
1989年(平成元年) 10月 三菱信託銀行、当社が江東区東陽の社有地に土地信託方式でオフィスビル(新宮ビル)を建設する旨プレス発表
11月 松戸市稔台に東京事業所竣工
1991年(平成3年) 7月 新宮ビル竣工
1992年(平成4年) 5月 シングウプロセッサー1号機完成、販売開始
1995年(平成7年) 10月 シングウタテ型チェンソーSV3400、SV3800販売開始
2000年(平成12年) 5月 インターネットマーケット「楽天」にて商品販売開始
2001年(平成13年) 8月 刈払機用スタータ「軽1スタート」開発、製造販売開始
2002年(平成14年) 6月 中国天津市の工場と集成材の委託加工貿易開始
2006年(平成18年) 1月 中国大連市に駐在員事務所を開設
  • 営業所一覧へ
  • 組織図へ
  • 世界とのつながりを見る
新宮商行関連サイト
  • 薪ストーブのMorso公式サイト
  • 新宮商行 Online Shop 楽天 はるかくらぶ
ページトップへ