社内見学

  • Home>
  • 社内見学

小樽本店
小樽本社の様子

1919年(大正8年)に建てられた小樽本店の社屋は、銀行としても利用されていた由緒ある建物です。当初、小樽は北海道の商業の中心地として栄えており、小樽本店は原材料を調達し、国内外へ木材を届ける拠点として重要な役割を担っていました。 現在、総務部をはじめ山林部、木材部(海外課を含む)、機械部(北海道営業所)のスタッフが、小樽本店にてそれぞれの業務に励んでいます。

東京本社
東京オフィスの様子

新事業として東京に「新宮ビル」を建設しました。設計自体も木を活かした異色の設計になっております。社内も木で溢れており、自然に包まれて働いている雰囲気で仕事ができます。
木の香りや温かみが好きな方にはうってつけの環境です。

釧路工場
釧路工場の様子

釧路工場は、1925年(大正14年)に設立された木材防腐工場です。設立から80年以上の長きにわたって、木材防腐加工における技術の向上に努めてまいりました。
現在、様々な住宅建材や枕木、外構材(デッキなど)の防腐加工・製造に携わる一方、海外から輸入した銘木単板・製材・住宅部材などの販売にも取り組んでいます。

銭函工場
銭函工場

銭函工場は、1935年(昭和10年)に設立された合板工場です。戦後は、アメリカをはじめとした諸外国に製材した北海道産の合板木材を輸出していました。
昭和40年代からは内需の高まりを受け、国内向けに合板・集成材(化粧貼り集成材)・内装パネルなどを生産。銭函工場で製造された木材は、都営住宅などの建材としても幅広く活用されています。

  • 採用情報を見る
  • トップメッセージを見る
  • 社員の声を見る
新宮商行関連サイト
  • 薪ストーブのMorso公式サイト
  • 新宮商行 Online Shop 楽天 はるかくらぶ
ページトップへ