トップメッセージ

  • Home>
  • トップメッセージ

代表ごあいさつ

100年にわたって育まれてきた想いと共に、私たちは“木の文化の素晴らしさ”を発信し続けます。
代表取締役社長 坂口 栄治郎

森を育み、木を活かす――。1906年(明治39年)から林業や生産加工に携わってきた新宮商行の標語です。この言葉には、1世紀以上にわたって育まれてきた“木に対する想い”が込められています。諸外国との取引においても実感していることですが、木材の環境面での価値、そして優れた素材としての潜在能力は計りしれません。そうした中で、私たちは常にお客様に“木の文化の素晴らしさ”を発信できる企業であり続けたいと願っております。
昭和20年代、当社は他社に先駆け、日本で最初にチェンソーを導入いたしました。現在、それと同じインパクトをもって、近年の林業経営の合理化に資する「先進林業機械」を導入することで、国産材の市場競争力強化、新たな需要の創造に貢献しております。
また、木材需要の柱である(将来のストックとしての)住宅産業においても、当社工場で製造した各種構造材・内装材を広くお使いいただいております。洗練された住まいに欠かせない製品を製造・提供するメーカーとして、日々の心地良さと共に情緒豊かな家族形成にも大きく寄与しているものと自負いたしております。
さらに、都市緑化をはじめ、近郊にある里山の自然との共生を図る上でも、間伐材の有効活用、当社社有林を原料とする薪の生産が欠かせません。薪ストーブ輸入日本総代理店として、安定した薪の供給にも努めております。
日頃のお客様のご愛願に感謝申し上げると共に、今後も常にお客様にご満足いただくことを第一に考え行動してまいります。

  • 採用情報を見る
  • 社員の声を見る
  • 社内見学ツアーへ
新宮商行関連サイト
  • 薪ストーブのMorso公式サイト
  • 新宮商行 Online Shop 楽天 はるかくらぶ
ページトップへ