山林部について

  • Home>
  • 山林部について

山林部・良質な国産林の安全確保を目標に

新宮商行の財産基盤となる国産林
新宮商行の財産基盤となる山林部

新宮商行はすでに1924年(大正13年)、釧路管内糖路山林にカラマツを植林して、社有林の経営に着手しています。
1938年(昭和13年)に山林部として独立、北海道はカラマツを主に、本州はスギ、ヒノキを主とする計画的造林を進めてきました。

第二次大戦後、未墾地買収などの変遷がありましたが、1955年(昭和30年)以降北海道ではさらに造林が進み、一方本州は、スギ50%ヒノキ50%の割合で造林が行われ全国で5,000ヘクタールの社有林を管理しています。現在では伐期到達林分の伐採と利用間伐を合わせ、植伐の均衡を図る努力を続けています。

新宮商行はF.S.C森林認証も受けています
新宮商行はF.S.C森林認証も受けています 新宮商行はF.S.C森林認証も受けています

2005年(平成17年)10月、オホーツク管内美幌町の古梅山林(1,234ヘクタール)がFSC®(森林管理協議会:本部はドイツ)の森林認証を取得しました。

FSC®森林認証は、環境に配慮した森林経営に対して与えられるもので、美幌町森林組合を代表とするグループ認証形式で新宮商行の古梅山林が参加しています。当社では、これからも生態系や景観を守りながら森林経営を行っていきます。

F.S.CR森林認証について
社有林所在地

新宮商行は全国にまたがり社有林を所有しています。

社有林所在地
  • 木材部について
  • 機械部について
新宮商行関連サイト
  • 薪ストーブのMorso公式サイト
  • 新宮商行 Online Shop 楽天 はるかくらぶ
ページトップへ